2023年最新のSEO対策は?初心者向けに基本から紹介|上位表示を目指す

「SEO」という言葉は聞いたことがあるけれど意味は知らない、意味はなんとなくわかるけれど、SEO対策の基礎知識はない。この記事はSEO初心者の方に向けてSEOの意味、SEOの重要性について書いています。

また、本記事を読んでいただいた後にこちらの記事も読んでいただくことでSEO対策に対する理解がより深まります。早期からSEO対策を始めて、顧客拡大を狙っていきましょう。

SEOとは?SEOの基礎知識を解説

SEOとは、「Search Engine Optimization」(検索エンジン最適化)の略称です。GoogleやYahooなどの検索エンジンで任意のキーワードが検索された際、そのキーワードに沿った検索結果が表示されます。

SEO対策は、この検索結果のページ上位に表示されるよう、ホームページや記事を作成していく過程のことを指します。どのような職種の企業でも、ホームページを持っているならばSEO対策はやるべきだと言えるでしょう。

次の項目でSEO対策で得られるメリットをみていきます。ここでSEO対策の重要性を考えてみましょう。

SEO対策で得られる利益|メリットは?

2023年最新のSEO対策は?初心者向けに基本から紹介|上位表示を目指す_SEOの基礎知識

SEO対策を成功させることによるメリットには様々なものがあります。

  • ストック資産がオンライン上に構築されていく

ホームページや記事は株式のようなものです。徐々に評価が積み重なって利益が利益を生んでいきます。つまり、複利が効くという特性があります。すぐに効果は出ないものの、積み重ねて少しずつ成長させていくことで効果が増長されます。その結果、莫大な資産へと成長していくのです。

  • 広告費がかからない

ページの上位に表示させるためには広告費を払って広告を出す、という手段があります。ただ、この広告費は時として莫大な額となることがあります。特に、検索数の多いキーワードで広告を出す場合の広告費は、中小企業には現実的なものとは言えません。しかし、SEO対策によって自力でページ上位に掲載させることに成功したなら、広告費を払う必要はないのです。

  • 認知が拡大する

上位掲載されるとそれだけ目に留まりやすくなります。つまり、認知を拡大させていくことができます。

  • ブランド力が増大する

上位掲載されている記事の内容は信用されやすくなります。それと同時に、会社自体の信頼度も上がります。

  • 顧客となりうる人の目にとまる

ホームページをクリックする人はキーワード検索から到達した人です。そのキーワードで検索したということは、自社のサービスや商品に興味があるということです。こうして、顧客となりうる人の目にとまりやすくなり、顧客拡大を狙えます。

  • 上記効果が持続される

例外はありますが、記事の掲載順が急に大きく変動することは基本的にありません。そのため、上記の効果が持続的に発揮され、安定した顧客獲得を期待できます。

2023年最新のSEO対策の基礎を紹介

2023年最新のSEO対策は?初心者向けに基本から紹介|上位表示を目指す_最新のSEO対策

SEO対策がいかに重要であるか、認識いただけたでしょうか。ここからはGoogleアルゴリズムについて解説していきます。SEOの具体的な対策を学ぶ前にまず、このGoogleアルゴリズムを理解する必要があるのです。

Googleアルゴリズムとは

Googleの検索結果ページにどのようなサイトを上位に表示するのかはGoogleが決定しています。この決定にはGoogleが定めたGoogleアルゴリズムというものが使われています。

Googleアルゴリズムは数百の項目から構成されており、それらは毎日のように詳細な変更がなされています。そして、それぞれの項目によって各サイトを評価し、掲載順序を決めているのです。

Googleアルゴリズムには詳細な変更の他に、大きな変更(コアアップデート)が年に数回行われています。今年は3月と8月と10月に実施されています。Googleアルゴリズムの内容は基本的に公表されていませんが、このコアアップデートは事前に公表されます。

Googleアルゴリズムのコアアップデートを知ることにより、Googleが上位表示したいサイト像に近づけていくことができます。次から、これまであったコアアップデートのうち、主要なものを見ていきましょう。

  • パンダアップデート

サイトの品質が悪いものは上位に表示しない、というものです。ユーザーにとって価値の低いサイトを表示させないことを目的としています。コピペはもちろん、他のサイトとほぼ同内容のものは評価が落ちます。

対応策は、自社の独自性を考え、オリジナリティーを取り入れることです。また、最新の情報や流行を取り入れる記事も質が高いと評価されます。

  • ペンギンアップデート

意味のない被リンクを受けているサイトを上位に表示しない、というものです。このアップデート以前は、被リンクを大量に受けている=参考にされている、信頼性がある、と評価されていました。しかし、この評価方法を悪用し、実態のない被リンクや自作自演の被リンクが増えたためGoogleがこれを取り締まるようになりました。

対応策は、意味のない被リンクを受けないことです。

  • モバイルフレンドリーアップデート

スマホに対応していないサイトを上位に表示しない、というものです。スマホでの検索が増えたため、ユーザーの利便性をあげることを目的としています。パソコン仕様のサイトだと、スマホで見た際に文字が小さくなったり改行が不自然なところで行われたりしてしまいます。

対応策は、スマホにも対応したサイトにすることです。

  • 健康アップデート

YMYL(Your Money Your Life)をモットーとし、資産、法律、医療などの内容を扱うサイトの執筆者が不明であるものは上位表示しない、というものです。これらの人生の根幹に深く関わるものについては、専門家が書いたものでないと評価されないようになりました。信憑性が低い記事を信じたユーザーの人生を大きく左右しかねないためです。

対応策としては、これらの分野には不必要に手を出さないことです。どうしてもこれらに関連した記事を書く必要があるときは、執筆者名や経歴を明記するべきといえるでしょう。

SEO対策におけるポイント

これらのコアアップデートから見えてくる、SEO対策におけるポイントは以下の3つです。

  • MFI(Mobile First Index)

「スマホファースト」という意味です。スマホ対応のサイトにしましょう。この対策はほとんどのサイトで行われているため、必須の対応です。

  • QDF(Query Deserves Freshness)

「新鮮なものに価値がある」という意味です。最新の情報、トレンドを押さえた記事やサイト作りをしましょう。定期的な記事のリライトやサイトのメンテナンスが必要となります。

  • QDD(Query Deserves Diversity)

「多様性のある検索結果」という意味です。独自性を追求しましょう。自社が扱うものと似たような内容の記事は複数あるでしょう。それらにない独自の価値を提供できないか考えながら記事やサイトを作成していきましょう。

SEO対策の難しさ

2023年最新のSEO対策は?初心者向けに基本から紹介|上位表示を目指す_SEO対策の難しさ

SEO対策は成功すれば大きな効果を得られますが、そもそも成功すること自体が難しいものでもあります。

  • 上位掲載されないと効果は得づらい

実際の2023年のクリック数は以下のようになっています。

「SEO順位に対するクリック率」

掲載順位倍率
1位28.50%
2位15.70%
3位11.00%
4位8.00%
5位7.20%
6位5.10%
7位4.00%
8位3.20%
9位2.80%
10位2.50%

2ページ目以降に表示されているページは、ほぼ見られません。また、1ページ目に表示されていたとしても、上の表のように上位でなければクリック数は少ないのが現実です。

そこで、記事を更新していく必要があります。Googleは記事の更新を評価するため、記事のリライトを繰り返し、評価されやすくしていく継続的な努力が必要です。

  • 効果が出るまでに時間がかかる

掲載順位の変動は急には起こりません。そのため記事公開から順位上昇まではタイムラグが発生してしまいます。

  • 順位が保たれる保証はない

Googleアルゴリズムは日々変更される。あまりあることではありませんが、大きな変更があれば一気に順位を落とす可能性もあります。

  • PDCAを回し続けなければならない

順位上昇や順位維持のためにはPDCAを回し続け、最新のSEO対策を施し続ける必要があります。結果の分析や、その分析に基づいた記事のリライトなど、SEO対策に終わりはありません。どうしても手間がかかってしまうのがSEO対策です。

SEO対策のノウハウが自社にない場合

2023年最新のSEO対策は?初心者向けに基本から紹介|上位表示を目指す_SEOコンサルティング

どの企業にも「初めてのSEO対策」はあったはずです。とりあえず見よう見まねで始めてみるのも一つの手かもしれません。その際はこちらの記事でSEO対策の詳細を説明しておりますので、ぜひ参考にしてください。

ただ、SEO対策を施してから結果が出るまでの時間は最低でも数ヶ月はみなければなりません。つまり、結果がまだ反映されていないのか、効果がなかったのか判別できない状態がしばらく続くことになります。また、何もノウハウがない状態から手探りでやるにはSEO対策は難しい上、効率も悪くなってしまいます。

そのため、初めてSEO対策に着手する際は代行を頼んだりSEOコンサルティングを受けたりする方が現実的といえます。

SEO代行

SEO対策を代行にて実施することで、社員に新たな負担をかけずに済みます。しかし、代行先に全て任せてしまうため、SEOノウハウが自社には一向に蓄積されません。その結果、永遠に代行を頼み続けることになってしまいます。また、代行は費用が高い傾向にあるためコストがかさみます。

SEOコンサルティング

コンサルティングを受けた上で、社員自身に実務をこなしてもらいます。そのため、最初は負担になるかもしれません。しかし、ノウハウなどをしっかり教えてもらえるので将来的には自社内にノウハウが構築され、他者を頼らず自社内で業務を完結できるようになります。

特に、インハウス型のコンサルティングでは、社内と社外の垣根なく自社の内情をしっかり把握した上で実効性のある提案をしてもらえるため、インハウス型であるか否かは依頼先を選ぶ上で重視したいポイントとなります。

私たちは、SEOの重要性が認知されるようになった当初から様々なSEOの代行先と連携し、その知見や経験を深めてきました。そこで培ったノウハウを活かし、ハンドスピードの良いSEOコンサルティングを行うパッケージを提供しております。

これまで経験してきた現場で積み上げたノウハウをクライアント先に提供いたしますので、クライアント先の組織内に揺るぎないノウハウが構築されていきます。また、正社員に近いインハウス形式で介在するため、接点をしっかり確保した上で各クライアント先に相応しい提案をすることができます。

自社の状況を社員同様に把握してほしい、社員の教育にもつながるようなコンサルティングがいい、とお考えの方はぜひこちらのページもご一読ください。

SEO対策をして顧客を取り込む

SEO対策は結果が出るのに時間がかかります。そのため、できるだけ早く対策をすることが必要です。SEO対策をすることで、広告費を払わずに顧客拡大を図るチャンスが生まれます。早めにSEO対策を実施し、事業を拡大していきましょう。

Follow me!

マーケティングチームを組成 – 戦略から実行支援まで

上流から下流まで一気通貫介在し、施策最適化。

とにかく早く、最大の成果と、成果物を残すためのプランです。

レンタルCMO&PMソリューション
Experience inc.

Experience inc.

マーケティングの既存の仕組みを分解し、仕組みを作る会社です。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP
PAGE TOP